股関節の痛みー鼠径部に痛恨の一撃がくる!

痛み

股関節の痛み

歩いている、または走っている時に、何の前触れなくいきなり股関節に痛みが走る。

痛みは足の付け根の前側、またはお尻。

寝起きの一歩目に一撃が来る。

このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるでしょうか。

変形性関節症

足の付け根にある股関節に痛みを起こす病気を持つ人は全国で400〜500万人いると言われています。そのうちの大半が変形性股関節症と考えられています。
股関節は他の関節と違い、深い所にあることや筋肉や靭帯(じんたい)に囲まれています。そのため、そもそも症状を自覚しにくく、進行してから気づくことも少なくありません。
症状として最も多いのは、足の付け根の痛みや違和感です。その他に、おしりや太もも、ひざの痛みとして出てくることもあり、そのため股関節の病気だと気づかない人が多くいます。また、左右に揺れて歩くというのもこの病気のサイン。歩いているときに人に指摘されて気づく人もいます。あぐらをかきにくくなったり、靴下の着脱や足の爪切りが困難になったりすることも症状の一つです。

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_293.html

変形性股関節症とは

変形性股関節症とは、中高年や高齢になり股関節の軟骨がすり減ったり、骨が変形したりなどで股関節が変形し、関節の噛み合わせが悪くなって痛みが出ます。

有病率と発症年齢

2016年南光堂から発行の変形性股関節症診療ガイドラインによると、単純X線診断によるわが国の変形性股関節症の有病率は1.0〜4.3%で、男性は0〜2.0%、女性2.0〜7.5%と女性で高いです。

発症年齢は平均40〜50歳。

診断と治療

検査、診断には単純X線検査、MRI、CT検査などの精密検査や専門医の診断が不可欠で、治療やリハビリの専門家によるサポートが必要でしょう。投薬、運動や電気治療によるリハビリが中心になると思います。

参考文献

参考サイト 
NHK健康チャンネル https://www.nhk.or.jp/kenko/diseaseinfo-933/
変形性股関節症診療ガイドライン http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/osteoarthritis-of-the-hip/osteoarthritis-of-the-hip.pdf

もうひとつ、最近よく耳にするのは、、、

鼠径部痛症候群

鼠径部痛症候群の定義は「股関節周辺の痛みの原因となる器質的疾患がなく、体幹 ~下肢の可動性・安定性・協調性に問題を生じた結果、骨盤周辺の機能不全に陥り、 運動時に鼠径部周辺に痛みを起こす症候群」です。つまり剥離骨折、疲労骨折、肉離れ、真正鼠径ヘルニアなどの器質的疾患がない場合の多くは、機能的問題を見出すことができる機能的障害と考えています。

http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm157.pdf

機能障害?機能不全?

機能障害【きのうしょうがい】

1980年に世界保健機関(WHO)が〈国際障害分類試案〉を発表し,障害を三つのレベルで捉える必要を提案しているが,その第1のレベルをインペアメントimpairment(機能障害,あるいは機能不全)としている。これは心身の特定部位の損傷や機能不全の状態のこととして捉えられている。この機能障害に対しては主として,医学的リハビリテーションのような医学的対応が重要である。→能力障害社会的不利
出典 株式会社平凡社
百科事典マイペディアについて 情報
大辞林 第三版の解説

きのうしょうがい【機能障害】

形態的な変化を伴わず、細胞・組織・器官などが正常な働きをしない状態。 

出典 三省堂
大辞林 第三版について 情報
精選版 日本国語大辞典の解説
きのう‐しょうがい ‥シャウガイ【機能障害】

〘名〙 解剖学的には異常ないが、生活機能に障害をきたす病気
出典 精選版 日本国語大辞典
精選版 日本国語大辞典について 情報

https://kotobank.jp/word/機能障害-475219

ひとことで言えば、

『どこも大して悪くないが、歯車がくるった状態』

と考えれば良いと思います。

関節は骨、筋肉、神経、軟骨、靭帯、滑液包など関節を構成している組織が、正しく連動して動くことで痛みなく、スムースに働きます。

ところが積み重なった疲労や体の使い方などが原因となって、筋肉が凝ったりして関節が上手く動かなくなると、はじめは違和感くらいですが、段々痛みになってきます。

レントゲン、MRIなどの検査ではどこも悪くないと言われ、どうしよう?!ってなります。

治療、リハビリ

鼠径部痛症候群の治療は硬くなってる筋肉や関節をマッサージやストレッチでほぐし、弱っている筋肉を鍛え、姿勢や歩き方、運動の仕方が悪ければ直します。専門家の助けが必要になると思います。

股関節の痛みは一度出るとなかなか完治しないようですが、リハビリをしっかりやることで手術などの体に大きな負担のかかる治療をすることなく、治すことが出来るようです。

参考サイト

鼠径部痛症候群 http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm157.pdf
スポーツ損傷シリーズ http://jossm.or.jp/series/flie/011.pdf

コメント